さすが韓国映画!「殺人の告白」

c0191138_2062880.jpg

★★★★★
韓国映画「殺人の告白」
あのポン・ジュノ監督の名作「殺人の追憶」で題材になった実際にあった
未解決の「華城連続殺人事件」のその後を描く映画と聞いたからにはどうしても
見たくて運良く浦和のユナイテッドシネマで上映していたので、同じく韓国映画
を愛する友人と見てきました。

「殺人の追憶」は私の好きな映画BEST10に入るくらいですから、今でも
ソン・ガンホが側溝を覗き込むシーンや、雨の中、犯人を追いかけて?線路を走る
シーンなど鮮烈に覚えています。

「殺人の告白」
ストーリーは
世間を騒がした連続殺人事件から15年後、イ・ドゥソク(パク・シフ)という男が
自ら犯人だと名乗り出る。しかし時効成立のため法的に無罪となり、彼は自分の犯した
殺人事件について詳細に記した本を出版する。
その衝撃的な内容と俳優のように美しいルックスが相まって、一躍人気者となったイ・ドゥソク。
だが犯人を探し続けてきた刑事や、恨みを抱く遺族たちが黙って見ているはずもなかった。

さすが!韓国映画!!
期待を裏切らない!
こういうのを撮らせるとどうしてこううまいのでしょう!

冒頭の雨の降る中の激しいアクションシーンはポン・ジュノの「殺人の追憶」
を思い出して、これからどう展開していくのかワクワクドキドキ、期待感で
胸が苦しくなってきました。

救急車でのカーアクション、そして最後のカーアクションも見ごたえあります。
テンポもよくて、そして何より最後まで結末の読めない脚本がすばらしい!
その結末にも説得力があります。

整形大国?といわれる韓国ですが相変わらず映画の中では個性的な顔の俳優さん
ばかりでリアリテイあります。

「母なる証明」にはいとうあさこさんにそっくりな女優さんが出ていましたが
この作品にも「たんぽぽ」という女芸人の川村エミコさんにそっくりな女優さん
が出ていました。
こういうサスペンスなものにも必ずクスっと笑わせるシーンがあるのも韓国映画
の特徴なんですよね。

映画は初出演という「王女の男」のパク・シフさんは個性的なリアリテイあふれる
顔の俳優さんたちの中にあって違和感のありすぎるくらいの美形ぶりが結末に
さらに説得力を持たせていると思いました。

私はこちらが主役だと思うのですが、刑事を演じたチョン・ジェヨンは「シルミド」
「トンマッコルへようこそ」「黒く濁る村」でおなじみの俳優さんですがあの面構えが
いいですね。

作品の中で出てくるボーガンという弓矢。「グエムル」やまだ見ていないのですが
アン・ソンギの「折れた矢」にも出てくるようですが韓国では一般的に使われている
のでしょうか?

本当に面白かった作品なのですが、ネタバレしてしまうのであまり言えないのですが
私の中で「殺人の追憶」でイメージしている犯人像とは違うので、あの連続殺人事件
とは切り離しての設定でいて欲しかったです。

それにしても恐るべし韓国映画。
まだこれから楽しみな作品が目白押しです。

「ベルリンファイル」「嘆きのピエタ」「折れた矢」「悪いやつら」
[PR]
by zac90109 | 2013-06-11 20:13 | 映画