c0191138_14204237.jpg

★★★★★
「殺人の追憶」のスタッフが仕掛けた極上のサスペンス・・・
ときたらもう見ないわけにはいかない!
原作は韓国の麗水で2001年に実際に起こった事件を題材にしたもので
韓国に密入国した漢族49人と朝鮮族11人、計60人のうち25人が船内で
窒息死し船員らが死体を海に捨てた事件だそうです。
朝鮮族については「哀しき獣」でもふれましたが日本統治時代に土地を
奪われたなどして中国に渡った人たちのことを指し、今また韓国に戻り
3Kなどきつい仕事についているそうです。

ストーリーは
漁船チョンジン号のカン船長(キム・ユンソク)は、不漁に苦しんでいた。
故障した船の修理代も出せず、金策に悩んだ末、中国からの密輸業を請け負っているヨ社長から、
朝鮮族の密航を引き受ける。6人の船員たちはこの仕事を躊躇するが、カン船長が説得。
そして決行の夜。約束の座標に辿り着いたチョンジン号の前に、密航者たちを乗せた中国船が現れる。
荒れ狂う雷雨の中、中国船からチョンジン号へ飛び移ってくる密航者たち。
その中の1人、ホンメ(ハン・イェリ)は海に転落するが、新米乗組員のドンシク(パク・ユチョン)が
無事に救出。やがて海が穏やかになると、監視船が接近してくる。
現れたのは、カン船長と旧知の仲のキム係長だった。
2人が甲板で酒を飲んでいると、密航者たちを匿っている魚艙から異音が響く。
怪しむキム係長に、冷凍庫の故障だとごまかしてカン船長はその場をやり過ごすが、
監視船が帰った後に魚艙を開けると、密航者たちが1人残らず死んでいた。

人間追い詰められた時にみせる本性の怖さを韓国映画らしい容赦ない描き方
で見せ「あ~日本映画には無理・・・」と思った。
いつもながらの韓国映画の映画で見せる熱量の高さには脱帽です。
こういう日本では絶対一般受けしないであろう映画が韓国では大ヒットする
というところにも韓国と日本、似て非なる血を感じる。

船と船員たちのことを思いやるあまり追い詰められていく船長を演じる
「チェイサー」のキム・ユンソク!
もうソン・ガンホかキム・ユンソクか!
もう途中から目がいってしまっている・・・

そしてもう一つ、ドンシクという若い船員と密航者の女性との純愛が平行して
描かれ、彼女を守ろうとするドンシク。
船という密室の中での熱量はさらに高まっていく!
しかしドンシクを演じるのは元東方神起、今JYJのユチョン!
日本じゃアイドルがこういう映画に出るなんて考えられない・・・
ユチョンはこの作品で韓国の新人賞を総なめしたそうです。

そして衝撃のラストシーンです。
女は強くてしたたかです・・・
この最後の最後のシーン、余韻を残すのですが「殺人の追憶」の最初のシーン
忘れもしないソン・ガンホが下水溝を覗き込むシーンと同様印象に残ります。

この先ハ・ジョンウの「群盗」ファン・ジョンミンの「国際市場で逢いましょう」
ペ・ドゥナの「私の少女」
楽しみです!
[PR]
by zac90109 | 2015-04-29 14:26 | 映画

c0191138_2212546.jpg

★★★
どうか期待を裏切らないで欲しいと願っていた後編。
レビューの評判の高かった前編と比べて賛否両論の後編でしたが
私もがっかり・・・
なんとまあ退屈な146分だったことか。

ストーリーは
男子中学生・柏木卓也(望月歩)の転落死以降、殺人を告発する目撃者からの手紙、
過熱報道、連鎖していく事件により学校は混乱していたが、大人たちは保身に走る一方だった。
生徒の一人・藤野涼子(藤野涼子)は自分たちで柏木卓也の死の真相を突き止めようと動きはじめ、
学校内裁判が開廷される。
人間の底知れぬエゴや欲望、悪意が渦巻く中、少女が学校内裁判の果てに見たものとは……。

学校内裁判といえど法廷劇は一般的にはドキドキ、緊張感あふれる秀作
が多いというのにまるで劇中劇のようで学芸会を見ているようだった。
原作は未読ですが結末に意外性も無く、原作が悪いのかそれとも脚本が悪いのか
原作と映画は別物なのですから、原作を変えてでも成島監督の「ソロモンの偽証」
を見たかった。
亡くなった柏木君に振り回されただけのような気がします。
作品からは大きなメッセージ性のようなものは受け取ることができませんでした。

もしかしたら「人は嘘をつく」「見て見ぬ振りをする」「偽善者」そういう生き物
だとしても心のどこかでチクチクと自分を苛んでいる。
だからこの作品の中で一人の少年の死という石を投げ込んで人々の心の波紋を
広げていくように真実に近づいていくことを目指したのかもしれないが、
目新しいテーマではなかったような気がするし、退屈したのは事実だから
仕方の無いことである。

主演の藤野涼子さんと芸達者な永作博美さんのリアリティのある演技が
素晴らしかったことしか残りませんでした。
[PR]
by zac90109 | 2015-04-13 22:15 | 映画