Sー最後の警官ー奪還

c0191138_15314050.jpg

★★★★
ドラマは見ていません。
劇場版もどうしても見たかったわけではないのですがちょっと時間が空いたので
あまり期待もせずに見て来ました。
SAT、SIT、そして新たなS。NPS!
犯人を生きたまま「確保」する使命を負った彼らの活躍を見ごたえのあるアクション作品
としてスクリーン上に展開できるか?
日本映画にはそのへんをいつもがっかりさせられるので冷ややかな目線で観賞・・・

ストーリーは
警視庁特殊部隊“SAT”、警視庁特殊犯捜査係“SIT”に次ぐ“第3のS”として新設された
警視庁特殊急襲捜査班“NPS”(=National Police Safetyresucue)。
“SAT”の機動力と“SIT”の捜査権を併せ持ち、犯人の生死を問わない“制圧”ではなく、
生かしたまま捕える“確保”を目的とした彼らは、発足以降、数々の事件で実績を積み上げ、
日本の治安を守る新たな砦として注目を集めていた。
平穏な日々の中、普段と変わらない生活を送る人々。
だが、その日常を切り裂くように突如、バスジャック事件が発生する。

バスジャック!そして核燃料プルトニウムを積んだ輸送船がテロリストたちに
乗っ取られる!
え~~っ!
内部からの手引きがあったにせよそんなに簡単に乗っ取られちゃうの!?
え~~っ!
首相や閣僚まで・・・!?
そこまでテロリストの要求をのんじゃうの~
(あまり詳しくは書けませんが・・・)
リアリティないじゃない!まるでマンガ・・・
そうだ原作はマンガだった・・・

つっこみどころ満載だったが終わり方はまずまずだった。
決着のつけ方で作品の良し悪しはだいぶ変わってくると思う。
この事件を仕組んだ最初のシナリオを考えた犯人の意図・・・あの「MOZU」に似てないか。
それにしても首相を演じた辰巳琢朗ってこんなに演技が下手な役者さんだったの?

アメリカ映画のアクションものに比べて日本映画における犯人にはなにかしら同情を寄せる余地があって、
そこに観客の心を持っていきそれがまた日本映画の持ち味なんだろうか。
いわゆる復讐みたいなもの、それは同じアジアの韓国映画にも言えることだと思う。
[PR]
by zac90109 | 2015-09-01 15:35 | 映画